MENU

正看護師と准看護師の違いは?

正看護師 准看護師 違いに関する画像

 

正看護師と准看護師の違いは資格です。

 

しかし、患者さんの立場からみると、資格などは関係なく准看護師も同じです。
では、正看護師と准看護師の違いは何かというと、まず資格内容が違います。

 

准看護師の資格は、正看護師に比べると取りやすい内容になっています。
その分、看護師と准看護師には給料面でも違いがあります。

 

准看護師は、正看護師をサポートする立場といえばわかりやすいです。
実際、看護師求人情報の欄を見るとわかりますが、正看護師と准看護師
では給料が違います。

 

免許交付も、正看護師は厚生労働大臣、
准看護師は、都道府県知事から交付されます。

 

正看護師は国の資格ということになります。職場では、正看護師よりも准看護師は下と見なされます。
正看護師と准看護師の違いは、スキルアップの面でも大きく違います。

 

正看護師は上の役職につくことができますが、准看護師は基本ありません。
また給料面では安いのに、労働条件が過酷だという話もよく聞きます。

 

正看護師と准看護師の違いは、個々の能力の差ではなく、資格の違いです。
きちんとした医療機関では、正看護師以外は就職できないところもあります。

 

准看護師の資格は、今の時代には合っていないとも言えますので、今後廃止される可能性もあるようです。

正看護師と准看護師の違いは?関連ページ

保健師とはどんな仕事があるの?
保健師の仕事の内容にはどのようなものがあるのでしょうか?保健師がどんな仕事をしているのか気になる情報を公開していきます!
正看護師と准看護師の給料の違いは?
正看護師と准看護師の給料の違いはどのように決まっているのか?看護師と准看護師の給料の大きな違いの一つとは?
看護師の求人の見分け方
看護師の求人を探すときにどんな看護師求人を見つけたらいいのか?看護師求人の見分け方をどうすればいいのか解説します!
看護師の転職は人間関係で決まる?
看護師の転職は人間関係で決まってくるのでしょうか?看護師は女性の社会なので人間関係には敏感になるかもしれませんね。